シンボルマーク 独立行政法人国立病院機構 姫路医療センター

〒670-8520 姫路市本町68番地
TEL:079-225-3211

救急科


  • 集中治療室(ICU)
  • CE部門(医療機器管理室)
  • 活動一覧(災害医療・教育研修)

スタッフ紹介

役 職 氏 名 専門資格/所属学会
救急科医長 礒部 尚志 日本救急医学会専門医
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
社会医学系専門医協会 指導医・専門医
救急救命士 田辺 裕介 -

運営方針及び患者さんへのお願い

救急外来の特殊性をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。
1.重症患者さんを最優先して診察します。

外来受診される患者さんの病状を医師または看護師が評価し、緊急性があると判断した患者さんは受付順にかかわらず優先的に診察をいたします。救急車で受診された場合も同様です。緊急性に乏しいと判断される患者さんの診察・処置はお待ちいただくことがあります。重症患者さんの診察や処置で時間を要する場合は、かなりの時間お待ちいただくことがありますので、ご了承願います。

2.救急外来は当番医や当直医による診察です。

救急外来は当直医による診察となり、診察までに時間を要することがありますので、ご理解いただきますようお願いします。各科専門医による診察の希望には対応しておりません。
時間外診療は応急処置・救命処置が主体で、根本的診断・治療を行う場ではありませんので、ご了承ください。
また、検査や処置も緊急に可能なものに限らせていただきます。

3.入院や検査の要否は医師により判断します。

入院や検査の必要性は医師の判断により決定させていただきます。
病状によっては他院を紹介させていただくこともあります。

4.再度、各科の来外受診をしていただきます。

救急外来を受診された患者さんは原則として次の診療日に各専門科外来を受診していただくか、かかりつけ医や近医に紹介させていただきます。したがって、投薬期間は次の診察日までとなります。定期処方は出来ませんので、ご了承願います。また、夜間・休日の診断書発行は原則しておりません。

【救急外来診療を円滑におこなうため、下記に該当する患者さんの診察はお断りする場合があります】

1.暴力行為をする方(直ちに警察へ通報します。)
2.大声を出すなど、他の患者さんが不快に感じる行為をする方
3.その他、診察に支障をきたす行為をする方



救急科

ページのトップへ戻る