平成28年度 国立病院機構千葉医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数    ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 129人 81人 256人 362人 599人 814人 1,908人 3,206人 1,681人 198人
入院患者の年齢階級別患者数の指標です。90歳以上を除き、1区分10歳毎にカウントしています。
平均年齢は64.6歳と高く、70歳以上の患者が55.1%と半数以上を占め、この中で最も多かったのは70歳から79歳の方です。
これに対し、未成年(0~19歳)の患者の割合は1.4%と少ない構成となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)    ファイルをダウンロード
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎
限局性腹腔膿瘍手術等
-手術・処置等2なし-副傷病なし
54人 7.61日 11.06日 0.00% 66.31歳
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
その他の手術あり
-手術・処置等2なし
30人 7.93日 11.74日 0.00% 76.23歳
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎
手術なし
-手術・処置等2なし-副傷病なし
29人 31.31日 21.25日 6.90% 82.24歳
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等
-手術・処置等1なし-手術・処置等2なし
28人 8.64日 8.70日 0.00% 72.61歳
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
手術なし
-副傷病なし
18人 10.06日 12.43日 0.00% 72.50歳
  • 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等
    内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)、内視鏡的胆道結石除去術(胆道砕石術を伴うもの)などです。
  • 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)-その他の手術あり
    その他の手術とは、血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術)です。
  • 誤嚥性肺炎
    通常、食べ物は食道、空気は気管へと振り分けられます。しかし、本来は食道に送られるべき食べ物が気管に入ることがあり、気管に入った食べ物に含まれる細菌が肺に炎症を起こしてしまったものです。
    平均年齢から、80歳以上の高齢者に多い傾向があります。
  • 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)-肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等
    肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法による治療です。
  • 腎臓または尿路の感染症
    尿路感染症や腎盂腎炎などです。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍
手術なし
-手術・処置等1あり-手術・処置等2なし
121人 3.84日 3.68日 0.83% 70.87歳
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍
手術なし
-手術・処置等1なし-手術・処置等2④あり-副傷病なし
121人 14.71日 12.35日 1.65% 71.40歳
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍
手術なし
-手術・処置等1なし-手術・処置等2⑧あり
83人 13.23日 12.01日 0.00% 70.00歳
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍
手術なし
-手術・処置等1なし-手術・処置等2なし-副傷病なし
42人 18.60日 14.83日 9.52% 69.43歳
040110xxxxx0xx 間質性肺炎

-手術・処置等2なし
28人 20.93日 19.92日 7.14% 73.82歳
呼吸器内科では以前より、肺炎、気管支喘息、肺癌、間質性肺癌、COPD(肺気腫、慢性気管支炎)、肺血栓塞栓症などの様々な呼吸器疾患の診療をおこなってきました。
しかし近年の肺癌患者さんの増加に伴い、肺癌治療に重点をおいた診療に移行しています。現在当科に入院されている患者さんのうち肺癌患者さんの比率は7割程度になっており、昨年度は入院にてのべ200名以上の患者さんに化学療法を行っています。

  • 肺の悪性腫瘍

    -手術・処置等1
    検査のための短期入院です。当院では主な検査法として経気管肺生検法を、次いで超音波気管支鏡下穿刺吸引生検法(EBUS-TBNA)を行っています。

    -手術・処置等2④もしくは⑧
    化学療法を行うものです。

    -手術・処置等1・2、副傷病なし
    痛みの緩和等を行います。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎
限局性腹腔膿瘍手術等
-手術・処置等2なし-副傷病なし
60人 7.62日 11.06日 8.33% 72.60歳
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害

39人 21.38日 16.16日 2.56% 57.56歳
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。)
その他の手術あり
-手術・処置等1あり-手術・処置等2なし-副傷病なし
21人 11.00日 14.28日 0.00% 57.38歳
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)
その他の手術あり
-手術・処置等2なし-副傷病なし
20人 8.90日 10.93日 0.00% 67.75歳
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞
手術なし
-手術・処置等1なし-手術・処置等2なし-副傷病なし
19人 7.89日 9.08日 0.00% 64.68歳
消化器内科では、胆管結石など胆道疾患の内視鏡治療、肝硬変に伴う静脈瘤の治療、出血性胃潰瘍や大腸憩室出血等での入院が多く、しばしば緊急治療も行っております。

  • 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等
    内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)、内視鏡的胆道結石除去術(胆道砕石術を伴うもの)による治療を行います。
  • 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。)-その他の手術あり
    その他の手術とは内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術です。
  • 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)-その他の手術あり
    その他の手術とは内視鏡的消化管止血術です。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎
手術なし
-手術・処置等2なし-副傷病なし
21.25日
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症
手術なし
手術・処置等2なし-副傷病なし
9.36日
010080xx99x01x 脳脊髄の感染を伴う炎症
手術なし-手術・処置等2なし-副傷病あり
21.90日
010230xx99x00x てんかん
手術なし
手術・処置等2なし-副傷病なし
7.12日
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)
手術なし
-手術・処置等1なし-手術・処置等2②あり-副傷病なし
16.73日
1年間の患者数がそれぞれ10人に満たなかったため、規約に則って『-(ハイフン)』での表示となっています。

JCSとはジャパン・コーマ・スケール(Japan Coma Scale)の略です。意識障害患者の意識レベルを評価する指標の一つで、JCS10未満とは『普通の呼びかけで開眼する』状態です。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患
手術なし
-手術・処置等1①あり-手術・処置等2なし-副傷病なし
155人 3.26日 3.06日 1.94% 71.83歳
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患
経皮的冠動脈形成術等
-手術・処置等1なし、①②あり-手術・処置等2なし-副傷病なし
59人 8.92日 4.71日 0.00% 70.31歳
050130xx99000x 心不全
手術なし
-手術・処置等1なし-手術・処置等2なし-副傷病なし
22人 21.05日 17.95日 13.64% 79.09歳
050210xx97000x 徐脈性不整脈
手術あり
-手術・処置等1-なし、①③あり-手術・処置等2なし-副傷病なし
10人 16.60日 11.38日 0.00% 81.50歳
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患
手術なし
手術・処置等1なし-手術・処置等2なし-副傷病なし
-  -    6.75日 -  - 
1年間の患者数がそれぞれ10人に満たなかったものは、規約に則って『-(ハイフン)』での表示となっています。

  • 狭心症、慢性虚血性心疾患

    -手術・処置等1①
    心臓カテーテル検査を行うための検査入院です。

    -手術・処置等1①②
    治療のために経皮的冠動脈ステント留置術と呼ばれる手術を行うものです。
  • 徐脈性不整脈
    脈が遅くなる不整脈です。
    ペースメーカーを体内に留置したり、留置したペースメーカーの交換を行います。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等
腹腔鏡下胆嚢摘出術等
-手術・処置等1なし-手術・処置等2なし-副傷病なし
115人 7.47日 7.61日 0.00% 63.10歳
060020xx99x40x 胃の悪性腫瘍
手術なし
-手術・処置等2④あり-副傷病なし
73人 3.51日 7.51日 0.00% 66.60歳
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
手術なし
-手術・処置等2⑤あり-副傷病なし
45人 3.53日 4.42日 0.00% 72.47歳
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)
手術なし
-手術・処置等2④あり-副傷病なし
41人 11.51日 9.82日 0.00% 71.90歳
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
結腸切除術全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等
-手術・処置等1なし-手術・処置等2なし-副傷病なし
41人 18.34日 15.92日 0.00% 72.78歳
外科では主に消化器外科を診療しております。腹腔鏡下胆嚢摘出術を多く行っており、急性期に対しては緊急手術も積極的に行っております。
地域がん診療連携拠点病院として、消化器癌に力を入れており、手術のみならず化学療法も数多く行っています。
  • 胃の悪性腫瘍-手術・処置等2④
    放射線療法を行うものです。
  • 結腸(虫垂を含む。)

    -手術なし-手術・処置等2⑤
    化学療法を行うものです。
  • 食道の悪性腫瘍-手術・処置等2④あり
    放射線療法を行うものです。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍
乳腺悪性腫瘍手術:乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)
手術・処置等2-なし
54人 7.70日 6.59日 0.00% 61.33歳
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍
乳腺悪性腫瘍手術:単純乳房切除術(乳腺全摘術)等
手術・処置等2なし
39人 10.56日 10.30日 0.00% 63.00歳
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍
乳腺悪性腫瘍手術:乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等
-手術・処置等2なし
38人 14.95日 11.57日 0.00% 63.18歳
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍
手術なし
-手術・処置等2④あり-副傷病なし
22人 3.64日 4.64日 0.00% 58.09歳
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍
手術なし
-手術・処置等2⑥あり
19人 7.00日 4.56日 0.00% 61.42歳
  • 乳房の悪性腫瘍
    表内の上3つの項目に関しては、乳癌に対して表記通りの手術を行ったものです。

    -手術・処置等2④または⑥
    化学療法を行うものです。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)
人工関節再置換術等
77人 26.49日 24.42日 3.90% 67.99歳
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折
人工骨頭挿入術(肩、股等)
42人 32.57日 27.63日 66.67% 80.93歳
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)
手術なし
-副傷病なし
24人 33.96日 20.57日 41.67% 79.17歳
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)腰部骨盤、不安定椎
手術なし
-手術・処置等2①あり
21人 2.00日 3.07日 0.00% 74.00歳
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)
人工関節再置換術等
15人 35.67日 26.26日 0.00% 72.47歳
DPCコードの頭2桁が『07』のものは筋骨格の病気とされるもの、『16』は怪我によるものです。

  • 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等
    股関節骨頭壊死とは太ももの付け根にある球状の骨です。
    手術名に再置換術等と記載がありますが、当院で行った手術は人工関節置換術です。
  • 股関節大腿近位骨折-人工骨頭挿入術(肩、股等)
    転倒した際に股関節に近い方の太ももの骨を折ってしまったものです。からだの中心に近い方を近位、遠い方を遠位と言います。
    70歳以上の高齢者に多いという特徴があります。
  • 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)
    高齢者の方で尻もちをついて転んだ際に骨折されることが多いです。
  • 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)腰部骨盤、不安定椎-手術・処置等2①
    ミエログラフィーと呼ばれる脊髄腔の形状と交通性を診断するための臨床検査のための入院です。
  • 膝関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等
    高齢者の女性に多い病気です。
    手術名に再置換術等と記載がありますが、当院で行った手術は人工関節置換術です。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等
-手術・処置等1なし
26人 4.88日 4.28日 0.00% 60.92歳
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)
皮膚悪性腫瘍切除術等
-手術・処置等2なし
8.78日
020230xx97x0xx 眼瞼下垂
手術あり
-手術・処置等2なし
3.44日
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患
手術あり
3.46日
080007xx011xxx 皮膚の良性新生物
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等
-手術・処置等1あり
6.42日
1年間の患者数がそれぞれ10人に満たなかったものは、規約に則って『-(ハイフン)』での表示となっています。

形成外科では、患者さんのご希望に合わせて、なるべく早期退院にも対応できるように治療を行っています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)
手術なし
手術・処置等1なし-手術・処置等2②あり-副傷病なし
48人 26.56日 16.73日 31.25% 73.52歳
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷
その他の手術あり
-手術・処置等2なし-副傷病なし
48人 13.67日 9.87日 8.33% 77.44歳
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷
手術なし
-手術・処置等2なし-副傷病なし
43人 6.30日 7.52日 0.00% 62.98歳
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)
手術なし
-手術・処置等2なし-副傷病なし
33人 31.06日 19.35日 51.52% 68.00歳
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)
手術なし
-手術・処置等1なし-手術・処置等2④あり-副傷病なし
31人 27.71日 16.54日 58.06% 69.90歳
脳腫瘍、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、頭部外傷等、脳神経外科全般に渡り診療を行っております。平成29年9月現在、手術経験(執刀医)500例を超える脳外科医を4名揃えております。

※JCSの説明についてはこちら

  • 脳梗塞-手術・処置等2②
    脳の病気のためのリハビリを行うものです。
  • 頭蓋・頭蓋内損傷-その他の手術あり
    その他の手術とは、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍
手術あり
-手術・処置等2なし
88人 19.92日 12.73日 0.00% 68.77歳
040200xx01x00x 気胸
肺切除術等
-手術・処置等2なし-副傷病なし
43人 10.93日 10.09日 0.00% 28.21歳
040200xx99x00x 気胸
手術なし
-手術・処置等2なし-副傷病なし
33人 11.03日 9.14日 6.06% 57.55歳
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍
手術なし
-手術・処置等1あり-手術・処置等2なし
16人 4.94日 3.68日 0.00% 72.44歳
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍
手術なし
手術・処置等1なし-手術・処置等2なし-副傷病なし
13人 22.38日 14.83日 15.38% 75.23歳
肺の悪性腫瘍と気胸の治療件数が多いのが特徴です。肺の悪性腫瘍では高齢で持病のある方も多いですが、地域がん診療連携拠点病院の専門性と総合病院の機能により安全に配慮した診療を行っております。

  • 肺の悪性腫瘍-手術あり
    主に、胸腔鏡下による切除手術です。
  • 肺の悪性腫瘍-手術・処置1等あり
    検査のための短期入院です。当院では主な検査法として経気管肺生検法を、次いで超音波気管支鏡下穿刺吸引生検法(EBUS-TBNA)を行っています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤
ステントグラフト内挿術
-手術・処置等2なし
15人 10.00日 12.74日 0.00% 77.20歳
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患
動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等
-手術・処置等1なし、①あり-手術・処置等2なし-副傷病なし
5.85日
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)
ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等
-手術・処置等1なし-手術・処置等2①あり-副傷病なし
24.70日
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患
心室瘤切除術(梗塞切除を含む。)単独のもの等
-手術・処置等1なし-手術・処置等2①あり
23.36日
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患
動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等
-手術・処置等1なし、①あり-手術・処置等2なし-副傷病なし
17.39日
1年間の患者数がそれぞれ10人に満たなかったものは、規約に則って『-(ハイフン)』での表示となっています。

3学会認定心臓血管外科専門医3名を中心に診療しております。
上位5症例はステントグラフト(腹部・腸骨動脈瘤)が多くなっておりますが大血管・冠動脈疾患・弁膜症・末梢動脈疾患となっており、これに加え静脈疾患も含め幅広く対応しております。

  • 閉塞性動脈疾患-手術・処置1等①
    心臓カテーテルによる検査のことです。
  • 弁膜症-手術・処置等2①
    中心静脈注射や人工呼吸、若しくは両方です。
  • 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術・処置等2①
    心臓カテーテルによる検査のことです。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍
手術あり
37人 9.73日 7.75日 0.00% 61.00歳
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎

34人 9.26日 7.47日 0.00% 54.32歳
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎
手術なし
24人 6.25日 5.50日 0.00% 42.17歳
030428xxxxxxxx 突発性難聴

23人 9.22日 9.37日 0.00% 51.00歳
030390xx99xxxx 顔面神経障害
手術なし
16人 11.81日 9.60日 0.00% 62.56歳
  • 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍-手術あり
    耳下腺の腫瘍に対しての手術が過半数を占めています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
040100xxxxx00x 喘息

-手術・処置等2なし-副傷病なし
48人 6.42日 6.42日 2.08% 4.96歳
100380xxxxxxxx 体液量減少症

21人 3.90日 9.33日 4.76% 4.95歳
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)
手術なし
-手術・処置等2なし-副傷病なし
14人 5.93日 6.18日 7.14% 0.00歳
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)
手術なし
-手術・処置等2なし-副傷病なし
5.79日
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)
-副傷病なし
6.02日
1年間の患者数がそれぞれ10人に満たなかったものは、規約に則って『-(ハイフン)』での表示となっています。

  • 体液量減少症
    主に脱水症の治療をしています。
  • 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)
    早産児や新生児のための治療です。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
080011xx99xxxx 急性膿皮症
手術なし
19人 18.16日 11.97日 5.26% 62.00歳
080020xxxxxxxx 帯状疱疹

8.96日
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)
皮膚悪性腫瘍切除術等
手術・処置等2なし
8.78日
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等
手術・処置等1なし
4.28日
080110xxxxx0xx 水疱症

手術・処置等2なし
30.11日
1年間の患者数がそれぞれ10人に満たなかったものは、規約に則って『-(ハイフン)』での表示となっています。

  • 急性膿皮症
    蜂窩織炎(蜂巣炎)で入院される方が多くを占めています。
    70歳代以上の高齢者になると在院日数が長くなる傾向があります。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
110070xx0200xx 膀胱腫瘍
膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術
-手術・処置等1なし-手術・処置等2なし
56人 8.20日 7.44日 0.00% 75.84歳
110070xx02020x 膀胱腫瘍
膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術
-手術・処置等1なし-手術・処置等2②あり-副傷病なし
27人 5.89日 7.85日 0.00% 72.74歳
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等
経尿道的前立腺手術
27人 12.78日 9.98日 0.00% 75.33歳
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
手術なし
-副傷病なし
23人 8.83日 12.43日 0.00% 68.09歳
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍
前立腺悪性腫瘍手術等-手術・処置等2なし
12人 16.42日 13.39日 0.00% 68.50歳
尿路悪性腫瘍の中では、膀胱・前立腺・腎臓にできた癌の治療件数が多いのが特徴です。
前立腺癌検診における地域連携パスを導入し、地域ぐるみで早期発見・早期治療を実践しています。
前立腺癌治療では、手術以外にも放射線治療やホルモン療法、抗がん剤治療など幅広く対応しています。

  • 膀胱腫瘍-手術・処置等2②
    化学療法を行うものです。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍
子宮全摘術等
66人 11.44日 10.05日 0.00% 45.24歳
120090xx97xxxx 生殖器脱出症
手術あり
47人 11.49日 9.44日 0.00% 71.26歳
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍
卵巣部分切除術(腟式を含む。)開腹によるもの等
42人 12.02日 10.36日 0.00% 52.79歳
120140xxxxxxxx 流産

19人 2.79日 2.43日 0.00% 35.11歳
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍
子宮悪性腫瘍手術等
手術・処置等2なし
18人 12.78日 13.29日 0.00% 66.11歳
婦人科疾患では頻度の最も多い子宮筋腫や子宮内膜症のような子宮の良性腫瘍手術が中心の地域の一般病院です。また、近年の超高齢化社会を反映して、骨盤臓器脱手術や尿失禁手術など骨盤底再建手術を千葉県内では2番目に多く行なっていることも当科の特徴と言えます。そのほか急性期病院として、婦人科救急(卵巣腫瘍茎捻転、子宮外妊娠、流産)手術も日常的に受け入れており、最近は腹腔鏡下手術も症例によって対応させていただいています。さらに、がん拠点病院でもあり、婦人科腫瘍専門医/がん治療認定医が中心となって、悪性腫瘍手術にも取り組んでおります。また、分娩取扱施設でもありますが、常時麻酔科専門医の支援のもとに、安全な帝王切開術が可能となっています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
020200xx9710xx 黄斑、後極変性
手術あり
-手術・処置等1あり-手術・処置等2なし
32人 8.31日 7.72日 0.00% 67.22歳
020160xx97xxx0 網膜剥離
手術あり
13人 13.69日 10.53日 7.69% 57.69歳
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患
手術あり
12人 3.00日 2.91日 0.00% 66.50歳
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症
手術あり
-手術・処置等2なし
8.27日
020210xx97x0xx 網膜血管閉塞症
その他の手術あり
-手術・処置等2なし
8.02日
1年間の患者数がそれぞれ10人に満たなかったものは、規約に則って『-(ハイフン)』での表示となっています。

  • 黄斑、後極変性-手術・処置等1
    水晶体再建術を行うものです。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数    ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類基準
(※)
版数
Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明
胃癌 59 19 28 36 25 121 1 7
大腸癌 36 37 47 46 99 221 2 7
乳癌 55 31 18 52 13 1 7
肺癌 73 23 98 166 89 138 1 7
肝癌 24 111 2 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院に入院し、癌治療を受けた5つの代表的癌疾患(5大癌)の診断情報の指標です。
はじめての治療(初発)時の癌の進行度(stage;ステージ)と再発で治療を受けた患者数を集計しました。
当院に癌治療のために入院した患者様の病気別の癌の進行度の最頻値(最も頻繁に出現する数値)は以下の通りです。
胃癌:StageⅠ、大腸癌:StageⅢ、乳癌:StageⅠ、肺癌:StageⅣ、肝癌:StageⅡ

※1:UICC TNM分類
UICCとは国際対がん連合のことで、UICCで採用されているがんの進行度を判定する基準として国際的に活用されているがんの分類方法です。 28の部位ごとに各種の検査結果から、
T…原発癌の大きさ、広がり、深さ
N…原発癌の所属リンパ節転移
M…他の臓器への遠隔転移状況
と区分し、それらを総合して病期(ステージ)を判定しています。
※2:癌取扱い規約
癌の状態や治療結果を記録する際の約束事を関連学会がまとめた本です。 癌の進み具合を評価するための基準を示し、治療法の選択や治療効果を評価するためのよりどころとなります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等    ファイルをダウンロード
患 者 数 平均在院日数 平 均 年 齢
軽症 15人 11.00日 56.47歳
中等症 69人 17.17日 77.58歳
重症 18人 19.06日 81.67歳
超重症 12人 19.33日 82.67歳
不明
日常生活をしていた人が発症した肺炎(市中肺炎)の重症度を見た指標です。
入院中に発症した肺炎(院内肺炎)を別にし、市中肺炎の入院患者数等を見ました。
当院では、中等度の方が最も多く、平均年齢は77.58歳でした。

市中肺炎(通常の日常生活をおくっていた人に発症した肺炎)の治療については、軽症例では外来にて通院治療を行うことが多く、中等症以上は原則的として入院にて治療を行なっています。重症や超重症例は80歳以上の高齢者に多い傾向があり、在院日数も長くなります。(重症度分類はA-DROPによる)

A-DROPとは…
A(Age:年齢)…男性70歳以上、女性75歳以上
D(Dehydration:脱水)…BUN(尿素窒素)21mg/㎗以上、または脱水あり
R(Respiration:呼吸)…SpO2(酸素飽和度)90%以下(PaO2:動脈血酸素分圧60Torr以下)
O(Orientation:見当識)…意識障害あり
P(Pressure:血圧)…収縮期血圧90mmHg以下
当てはまる項目数が重症度の点数となり、軽症:0点、中等度:1点か2点、重症:3点(ショックがある場合は、1項目しかあてはまらなくても重症とします)、超重症:4点か5点
脳梗塞のICD10別患者数等    ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 23人 4.35日 70.43歳 0.00%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 222人 27.81日 74.18歳 37.99%
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他 10人 4.50日 73.70歳 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I675 もやもや病
<ウイリス動脈輪閉塞症>
3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
『脳梗塞:3日以内』による入院患者数が最も多く、平均年齢は74.18歳でした。
また、リハビリ病院等への転院率は37.99%でした。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)    ファイルをダウンロード
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ結腸粘膜切除術(長径2㎝未満) 192人 0.24日 1.16日 0.00% 70.15歳
K688 内視鏡的胆道・胆管ステント留置術 49人 3.37日 12.73日 8.16% 69.98歳
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 30人 1.33日 6.50日 0.00% 75.63歳
K697-31 ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 25人 2.48日 10.64日 0.00% 73.32歳
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術(ESD) 23人 1.04日 4.22日 0.00% 70.26歳
手件数の一番多い大腸ポリープ切除は、1泊2日の入院を基本に治療を行っています。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K664 胃瘻造設術
(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K654 内視鏡的消化管止血術
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの
K735-4 下部消化管ステント留置術
K688 内視鏡的胆道・胆管ステント留置術
呼吸器内科での手術件数はいずれも10件未満のため、規約に則って『-』での表記となっています。
患者様個々の症状に合わせ、必要な場合に行った手術のみのため件数は少ないものとなっています。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ結腸粘膜切除術(長径2㎝未満) 199人 0.99日 1.26日 0.00% 69.49歳
K688 内視鏡的胆道・胆管ステント留置術 54人 1.70日 10.48日 9.26% 73.44歳
K6871 内視鏡的乳頭切開術 (乳頭括約筋切開のみのもの) 19人 2.37日 6.26日 5.26% 75.16歳
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 16人 0.69日 12.69日 0.00% 57.44歳
K654 内視鏡的消化管止血術 16人 0.88日 8.94日 0.00% 68.75歳
手件数の一番多い大腸ポリープ切除は、1泊2日の入院を基本に治療を行っています。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K386 気管切開術
神経内科での手術件数はいずれも10件未満のため、規約に則って『-』での表記となっています。
患者様個々の症状に合わせ、必要な場合に行った手術のみのため件数は少ないものとなっています。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 (その他のもの) 54人 2.22日 7.15日 0.00% 71.24歳
K5463 経皮的冠動脈形成術 (その他のもの)
K597-2 ペースメーカー電池交換
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 (不安定狭心症に対するもの)
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極)
狭心症の患者さんに対して、ステントと呼ばれるチューブ状の医療器具を、狭くなっている血管に入れることで狭窄を防ぐための手術を行っています。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 126人 1.90日 5.40日 0.00% 63.36歳
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 106人 1.02日 1.87日 0.94% 63.92歳
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 99人 0.21日 2.05日 0.00% 73.19歳
K7211 内視鏡的大腸ポリープ結腸粘膜切除術(長径2㎝未満) 86人 0.28日 1.16日 0.00% 71.65歳
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 36人 5.86日 12.03日 2.78% 71.00歳
胆嚢摘出術は、8割以上腹腔鏡下にて行っております。
鼠径ヘルニア手術におきましては、年200例以上行っており、半数以上が腹腔鏡下にて行っております。
大腸癌に対しても腹腔鏡手術を積極的に行っております。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術 腋窩部郭清伴わないもの) 54人 2.28日 4.43日 0.00% 61.33歳
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 (乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 38人 2.92日 6.74日 0.00% 63.66歳
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除併施しない) 19人 2.68日 11.95日 0.00% 66.89歳
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術 内視鏡下含む) 13人 2.15日 10.85日 0.00% 56.46歳
K4766 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除併施有り)
手術形式として乳房に関しては乳房全摘出術及び乳房部分切除術の2つの方法がありますが、CTやMRI等の画像診断による乳がんの伸展範囲や発生部位、個数に応じた術式に関するアドバイスをしつつ、患者さんの意向を最優先として決定しています。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0821 人工関節置換術(股)(膝) 93人 2.71日 24.32日 3.23% 68.47歳
K0461 骨折観血的手術(大腿)(上腕) 26人 4.69日 27.12日 46.15% 78.65歳
K0811 人工骨頭挿入術(股) 22人 7.64日 23.14日 90.91% 77.91歳
K1425 脊椎固定術・椎弓切除術・椎弓形成術(椎弓切除) 21人 3.86日 21.81日 4.76% 67.52歳
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 11人 4.00日 27.55日 0.00% 65.45歳
脊椎外科を専門とする医師4名、関節外科を専門とする医師2名で千葉市の中核病院として多くの救急外傷も受け入れ、骨折のなどの外傷手術を行っています。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 11人 0.36日 5.36日 0.00% 55.00歳
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上4㎝未満)
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上6㎝未満)
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) (長径2センチメートル未満)
皮膚の良性腫瘍の手術を主に行い、できるだけ傷跡が残らないようにしています。
皮膚の手術における露出部とは、頭・首・肘関節から指先・膝関節からつま先までを言います。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 43人 2.19日 15.40日 11.63% 75.23歳
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 12人 7.83日 37.83日 41.67% 63.00歳
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他)
K1781 脳血管内手術(1箇所)
K1784 経皮的脳血栓回収術
くも膜下出血については脳動脈瘤頚部クリッピング術(開頭術)と血管内手術(カテーテルによる開頭しない手術)を行っております。また未破裂脳動脈瘤の手術も行っております。脳腫瘍については適切な手術適応および厳密なストラテジーにより脳腫瘍摘出術を行っており、原発性の悪性脳腫瘍は手術後、千葉大学脳神経外科と連携して化学療法を行っています。また慢性硬膜下血腫に対する穿頭洗浄術や頭部外傷に対する緊急手術を行っております。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 59人 6.54日 10.97日 0.00% 67.98歳
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 42人 5.76日 4.26日 0.00% 28.36歳
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 17人 7.71日 10.12日 0.00% 72.24歳
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)
胸腔鏡下で行う手術は身体への負担が少なく、術後の平均在院日数が短縮できます。
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)の行われた肺の悪性腫瘍の9割は原発性肺癌に対してであり、男性の方が多い傾向にありました。
胸腔鏡下肺切除術は概ね気胸に対して行われた手術で、若い男性に多い特性上、平均年齢も20代と若いのが特徴です。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 13人 3.69日 5.62日 0.00% 75.54歳
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 11人 1.36日 13.18日 18.18% 73.91歳
K5522 冠動脈バイパス移植術(2吻合以上)
K5542 弁形成術 (2弁のもの)
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む)
 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)
1位(K5612)と4位(K5542)は腹部大動脈瘤に対する治療であり、2位(K616)と4位(K5542)は閉塞性動脈硬化症に対する治療となります。比較的高齢な方も多いため血管内治療であり低侵襲である治療が1位2位を占めております。3位の冠動脈疾患に対しては拍動下でのバイパス手術を4位の弁膜症には、僧帽弁手術であれば形成術を基本方針としております。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 21人 2.57日 7.43日 0.00% 56.86歳
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 20人 1.80日 7.55日 0.00% 29.40歳
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(浅葉) 19人 2.00日 7.11日 0.00% 56.11歳
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみの場合) 15人 1.87日 7.27日 0.00% 46.27歳
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 12人 2.00日 7.67日 0.00% 49.08歳
内視鏡下副鼻腔手術は、主に慢性副鼻腔炎の治療法として行います。
耳下腺腫瘍においては、独自の術前検査法を用いて正確な質的診断を行い、美容と機能を念頭に置いた手術を行っています。
甲状腺腫瘍においては、アミノレブリン酸を用いて副甲状腺を発光させる光線力学診断法を駆使して、副甲状腺の確実な摘出あるいは温存を行っています。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの
手術件数はいずれも10件未満のため、規約に則って『-』での表記となっています。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) (長径2センチメートル未満)
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上6㎝未満)
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)
K6145 血管移植術、バイパス移植術(下腿、足部動脈)
手術件数はいずれも10件未満のため、規約に則って『-』での表記となっています。 手術件数上位3症例での手術は、いずれも身体に負担の少ない経尿道的(内視鏡)手術です。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K8036 イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶液利用のもの) 84人 2.35日 4.69日 0.00% 75.10歳
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 26人 1.58日 10.23日 0.00% 74.92歳
K843 前立腺悪性腫瘍手術 12人 2.00日 13.42日 0.00% 68.50歳
K805 膀胱瘻造設術 12人 3.50日 23.67日 8.33% 81.33歳
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 11人 2.55日 12.73日 0.00% 72.45歳
手術件数上位3症例での手術は、いずれも身体に負担の少ない経尿道的(内視鏡)手術です。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K877 子宮全摘術 67人 3.09日 8.58日 0.00% 47.54歳
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 53人 2.91日 8.00日 0.00% 51.55歳
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術・子宮全摘術) 32人 3.47日 6.69日 3.13% 71.16歳
K861 子宮内膜掻爬術 26人 1.42日 1.19日 0.00% 51.04歳
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 26人 1.00日 7.88日 0.00% 75.38歳
診断群分類別患者数等の産婦人科の解説をお読み下さい。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2821 ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 925人 1.12日 1.01日 0.11% 74.20歳
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 58人 1.36日 7.74日 1.72% 64.83歳
K279 硝子体切除術 10人 1.00日 1.00日 0.00% 68.80歳
K278 硝子体注入・吸引術
K2821 イ 水晶体再建術(眼内レンズ挿入・縫着レンズ)
白内障手術が手術件数の多くを占めています。
硝子体手術は、裂孔原性網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜、増殖糖尿病網膜症、硝子体出血などに対して施行しております。
入院期間は術中に眼内への気体注入の有無や気体の種類によって異なります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)    ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症 例 数 発 生 率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 13件 0.14%
180010 敗血症 同一 14件 0.15%
異なる 24件 0.26%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 18件 0.19%
異なる
入院中は、免疫力が低下している場合もあり、ウイルスや細菌による発症や新たに合併症を発症する場合があります。
これらの発症率を抑えることで医療の質を高めています。

入院契機欄については以下の通りです。
同 一:傷病名で入院したもの
異なる:傷病名とは異なる傷病で入院したもの

入院の合併症として代表的な、会計上使用するDPC分類から4つ患者数等を集計。
なお、「180040手術・処置等の合併症」は、国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)の表現を用いた分類表現であり、 主病名の治療よりも入院中に他の合併症の医療資源が優先された分類であり、当院は0.19%でした。
更新履歴
2017/--/--
H28年度 病院指標作成
トップ