スマートフォンでは横向きを推奨します。
〒260-8606 千葉県千葉市中央区椿森4-1-2
代表電話:043-251-5311
FAX:043-255-1675
個人情報保護方針お問い合わせ | 関連リンク | サイトマップ
病院情報の公表 臨床研究に関する情報の公開について

指導医・研修医からのメッセージ

指導医からのメッセージ


教育研修部長
重田 みどり
千葉医療センターは国立病院機構が母体の歴史ある病院であるとともに、千葉市の中心的な急性期病院です。ほぼすべての診療科が揃っており、経験豊富で個性的な指導医が熱心に指導します。それぞれの研修医のニーズに対応できるよう自由度の高いプログラムとなっており、後期研修でどの科に進む場合でも個別に対応し、効率の良い最適な研修が受けられるよう配慮します。

皆さんが専門医として活躍するころには、電子カルテが鑑別診断を提示し、読影は人の目より人工知能が勝っている時代となっていることでしょう。どのような時代になろうとも活躍できる基礎的な知識、技能及び態度を身につけ、自由な発想を失うことなく、積極的かつ責任を自覚できる医師の育成を目指しています。本プログラムで充実した楽しい2年間を一緒に過ごしましょう。
当院外科は消化器を中心に12名で活動しています。2年前に乳腺外科が独立し、2名です。消化器、乳腺合わせて年間1,000例を超える手術件数を誇っています。内容もバラエティーに富み、胃癌・大腸癌はもちろん食道癌、肝胆膵の癌(当院は地域がん診療連携拠点病院です)の他、胆石症や鼠蹊ヘルニアなどの良性疾患、急性胆嚢炎、腹膜炎、虫垂炎などの救急疾患などあらゆる疾患を経験することができます。呼吸器外科や心臓血管外科での研修も可能です。しかも各学会の指導医、専門医、技術認定医が揃っています。
外科系に興味のある方、是非当院での研修を考えてみては如何でしょう?早速縫合処置、開閉腹などしていただきます。2年目には腹腔鏡下胆嚢摘出、開腹胃切除、腸切除までできるかもしれません!外科に興味のない方にも優しく接しますのでご安心を!!

統括診療部長
森嶋 友一

呼吸器内科医師
安田 直史
はじめまして呼吸器内科の安田です。当院の内科は常勤医20名以上が勤務しており、日々多くの内科疾患の診療を行っています。内容としては超急性期疾患から慢性期疾患の急性悪化、common diseaseから専門医のフォローを要する重症疾患の長期管理まで幅広く行っています。また診療科としては循環器、消化器、呼吸器、糖代謝、神経内科のほか総合内科も備えています。内科疾患の患者さんは複数の疾患を併発していることも多く、当院では毎週全内科医参加のカンファレンスを開催して診療科の垣根を越えた検討を行う場としています。またカンファレンスでは研修医の受け持ちプレゼンテーションも行い、研修の一環も担えるようにしています。
当院内科には複数の総合内科専門医がおり、内科専攻研修を行える体制を整えています。当院で臨床研修を行い、その後はぜひ内科専門医を目指しましょう!・・・と言いたいところですが、将来いずれの診療科へ進むとしても内科一般の知識は必要になると思います。みなさん当院へその必要なスキルを身に着けに来ませんか。

研修医からのメッセージ

当院の特徴の一つとして総合病院でありながら、自由度の高いローテーションで早い段階から自分の専門科につながる研修をする事が可能です。二年目になると将来の専攻科に向けてどの科も熱心に研修しています。
また、実際の研修では研修医は直接指導医の先生のもとにつき、距離が近いのが特徴です。どの先生方も多忙でありながら熱心に教えてくださり、非常に勉強になります。また検査や手技などやる気があればいろいろと経験することができます。
研修をして思うことは、なんといっても雰囲気の良さです。この病院の研修医室には電子カルテが置いてあり、そこで仕事をする研修医の周りには人が集まり、日々の気になった症例について検討しやすい環境が整っています。高い志を持って努力を惜しまない同期や、優しく指導してくださる先生に囲まれて、のびのびと自分らしい医師としての生活を始めることが出来るでしょう。ぜひ一度、見学に来てその雰囲気を感じてください。

基幹型臨床研修医 2年目
平林 智子

基幹型臨床研修医 1年目
新井 亮
当院はほぼ全ての診療科が揃っていて、common diseaseから専門的な疾患まで幅広く診ることができます。指導医の先生方はとても熱心にかつ親切に指導していただき、有意義な研修生活を送っています。スタッフ同士の仲も良く診療科同士の垣根は低く相談やコンサルテーションしやすい環境です。また、自由度の高いプログラムで、2年目は地域研修以外の11か月は全ての科から自由に選択することができ、希望すれば千葉県救急医療センターなど院外の病院での研修も可能です。他にも指導医の先生方による講義や勉強会、二次救命処置(ACLS)勉強会など学ぶ機会が充実しています。当直では救急疾患の初期対応をする場面も多くあり大変勉強になります。指導医の先生の指導のもと対応するので安心です。研修医の志望科、出身大学は様々で日々楽しく切磋琢磨しています。当院での研修は自分の希望に添った研修ができるはずです。是非一度見学にお越しください。研修医一同お待ちしております。
当院の研修プログラムの特徴は、総合病院として多くの科を有し、多くのcommon diseaseを経験できる点と、選択の自由度が高く自分の志望科を重点的に研修できる点です。
指導医の先生が丁寧に指導してくださり、手技や検査を経験する機会も多くあります。救急外来では研修医がファーストタッチをする場面もあり、それに対するフィードバックやアドバイスを指導医の先生からもらい、回を重ねる毎に成長を感じることができます。また各診療科の先生による講義が定期的に設けられており、研修医がテーマを決めて発表する勉強会など、勉強の場も豊富にあり、CPCの発表や学会発表も行う事ができます。研修医室には電子カルテと個人のデスクがあり、自分の担当している症例について同期との議論や、先輩に相談し易い環境が整っています。
そして、看護師さんをはじめとしたコメディカルの方々には同年代の女性が多く、明るく活気があり働きやすい病院です。病院自体も新しいため明るく開放的です。アットホームで明るい環境で研修する事ができる千葉医療センターへ是非見学に来てください。研修医一同でお待ちしています。

基幹型臨床研修医 1年目
佐藤 文音
トップ
職員採用について 当院で一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
看護部のご紹介 様々な看護分野で活躍するためのプログラム等を紹介。
臨床研修プログラム プログラム概要や応募要項、スケジュールをご紹介。