新型インフルエンザ関連情報

独立行政法人国立病院機構

  厚生労働省は、平成21年4月28日、「感染症の予防及び感染症の患者に対する法律に規定する新型インフルエンザ等感染症(インフルエンザA型(H1N1))が発生したことを宣言しました。その後同法や検疫法に基づき、新型インフルエンザのまん延を防止し、国民の生命と健康を守るため、関係省庁と密接に連携しながら各種対策を講じていす。


 こうしたなか、我々国立病院機構においても厚生労働省からの要請に基づき、検疫所び停留施設に、各病院から医師、看護師を継続的に派遣し、新型インフルエンザのまん延防止に取り組んでおります。


 国民の皆様方におかれましては、厚生労働省からの情報を注意深く聞いていただき、決してあわてる事なく、冷静に行動していただきますようお願い致します。

 新型インフルエンザの情報について

   厚生労働省のホームページには、新型インフルエンザ対策関連情報が掲載されおり、新型インフルエンザとは何か等Q&A形式でわかりやすく整理されています。


    →厚生労働省のページへ

 

新型インフルエンザにかかったかもしれない場合

   発熱や咳の症状が出た方で、感染者が発生している国や地域への渡航歴がある方又は感染者と接触したことがある方の場合には、一般の医療機関に直接受診される前に下記の厚生労働省発表リンク先をご参照いただき、各保健所等に設置された発熱相談センターに相談下さい。


    →厚生労働省のページへ

新型インフルエンザ相談対応窓口


 なお、上記に該当しない方の発熱症状については、通常通り病院をお訪ねください。

 

国立病院機構の対応
~新型インフルエンザの検疫体制への派遣協力について~ 

厚生労働省からの要請により以下の検疫所及び停留施設に各病院から医師、看護師を派遣致しました。

【平成21年6月21日現在】

>>> 拡大表示(PDFで開きます) [219KB pdfファイル] 

 

○成田空港

 応援派遣先
  • 検疫所、停留施設
 派遣期間(派遣延人数)
  • 【検疫所】5月11日~6月21日(医師71人、看護師64人)
  • 【停留施設】5月1日~8日,12日~22日(医師19人、看護師57人)
 派遣病院 

【検疫所】:15病院

【停留施設】:8病院

○中部国際空港

 応援派遣先 
  • 検疫所
 派遣期間(派遣延人数)
  • 5月1日~20日(医師33人、看護師46人)
 派遣病院 

【検疫所】:6病院

○関西国際空港    

 応援派遣先
  • 検疫所、停留施設
 派遣期間(派遣延人数)
  • 【検疫所】5月2日~31日(医師57人、看護師57人)
  • 【停留施設】5月8日~20日(医師13人、看護師13人)
 派遣病院 

【検疫所】:14病院

【停留施設】 :5病院

○岡山空港

応援派遣先
  • 検疫所
派遣期間(派遣延人数)
  • 5月16日~18日、20日~21日(医師5人)
派遣病院

 

○福岡空港

 応援派遣先 
  • 検疫所
 派遣期間(派遣延人数)
  • 5月1日~24日(医師25人、看護師24人)
 派遣病院

【検疫所】:4病院

○下関港

 応援派遣先
  • 検疫所
 派遣期間(派遣人数)
    • 5月8日~21日(医師14人、看護師21人)
     派遣病院