研究事業

  • このページを印刷する - 第59回国立病院総合医学会(広島)

第59回国立病院総合医学会(広島)

『あらたなる旅立ち
 ~チームで取り組む医療の質の向上~』

 

会  期:2005年10月14日(金)・15日(土)

会  場:広島国際会議場、広島県立体育館

会  長:国立病院機構呉医療センター 佐治文隆

副会長:国立病院機構東広島医療センター 児玉安紀

プログラム

■特別講演Ⅰ  

  • 「これからの医療、これからの国立病院機構」
      独立行政法人国立病院機構理事長 矢崎義雄
     座長:全国国立病院院長協議会 宮崎久義


■特別講演Ⅱ  

  •   「私の取材ノートから~その時歴史が動いた~」
     NHKエクゼクティブ・アナウンサー 松平定知
     座長:東広島医療センター院長 児玉安紀

 


■パネルディスカッション  

  • PD-01「患者はなぜ怒るのか」
       座長:東京大学大学院医学系研究科生命・医療・倫理人材養成ユニット講師 前田正一

 

  • PD-02-a「国立病院機構における治験・臨床研究システムの問題点と今後の展望(治験)」
        座長:仙台医療センター臨床研究部長 手塚文明
            /本部医療部研究課治験推進室長 和泉啓司郎

 

  • PD-02-b「国立病院機構における治験・臨床研究システムの問題点と今後の展望(臨床研究)」
        座長:呉医療センター臨床研究部長 谷山清己
             /本部医療部研究課長 伊藤澄信

 

  • PD-03「独立行政法人化で看護学校のあり方はどう変わるべきか」
        座長:岡山医療センター院長 青山興司
            /呉医療センター附属呉看護学校副学校長 山根豊子

 

  • PD-04「国立病院機構の災害医療への取り組み
        ~新潟県中越地震被災地への医療班派遣を振り返って~」

        座長:災害医療センター 邉見 弘
            /大阪医療センター救命救急センター部医長 定光大海

 

  • PD-05「患者の目線に立った外来診療・サービス」
        座長:長崎医療センター情報推進研究室長 松本武浩
            
  • PD-06「手術患者を支えるチーム医療~手術患者のケアとリスクマネジメント~」
        座長:広島大学副学長 弓削孟文

 

  • PD-07「クリティカルパスの実施と工夫」
        座長:長野病院副院長 武藤正樹
            /南和歌山医療センター脳神経外科医長 中北和夫 

 

  • PD-08「新人看護師をどう育てるか」
        座長:厚生労働省中国四国厚生局看護教育指導官 安井良江
             /東広島医療センター看護部長 三浦麗子

 

  • PD-09「チームで取り組む医薬品のセーフティマネージメント」
        座長:国立療養所大島青松園副園長 新盛英世
            /国立がんセンター中央病院薬剤部長 北條泰輔

 

  • PD-10「肺炎・急性肺障害を早く治そう~集中治療室・救命救急センターから一般病棟で応用できる呼吸管理と肺理学療法
        座長:三重大学大学院生命医科学麻酔集中治療分野教授 丸山一男
             /国立循環器病センター集中治療部副看護師長 西田和美

 

  • PD-11「初期臨床研修の光と影」
        座長:厚生労働省中国四国厚生局健康福祉部臨床研修審査官 市場洋三
             /九州医療センター臨床教育部長 土橋卓也

 


■シンポジウム  

  • S-01「独立行政法人移行後の経営管理」
        座長:大阪医療センター事務部長 粟井一博

 

  • S-02「放射線技師部門における患者目線の医療を検証する」
        座長:東京医療センター診療放射線技師長 大塚次男

 

  • S-03「がん治療から緩和ケアへ~患者にとって最善の選択とは~」
        座長:筑波メディカルセンター病院緩和医療科学部長 志真泰夫
            /国立看護大学校教授 丸口ミサエ

 

  • S-04「NSTが病院を変える」
        座長:藤田保健衛生大学医学部外科学・緩和ケア講座教授 東口髙志
            

 

  • S-05「病院を変えよう!~ボランティアを受け入れて~」
        座長:(財)癌研究会附属有明病院ボランティアコーディネーター 斉藤悦子
             /呉医療センターボランティアコーディネーター 姫野 敬

 

  • S-06「リハビリテーション医療の発展にむけて」
        座長:国立国際医療センターリハビリ科医長 藤谷順子
             /東京医療センター理学療法士長 五十嵐 進 

 

  • S-07「これからの時代の退院計画と地域医療連携」
        座長:東徳島病院院長 大木 崇

 

  • S-08「精神疾患患者での身体合併症治療の実際と課題について」
        座長:国立精神・神経センター国府台病院精神科 塚田和美

 

  • S-09「外来を中心とするHIV診療へのクリティカルパス導入の試み」
        座長:九州医療センター看護部長 森寺栄子
            /大阪医療センターHIV/AIDS先端医療開発センター長 白阪琢磨

 

  • S-10「施設間・施設内の情報リテラシーの格差と付き合う」
        座長:釜石病院副院長 中村幸夫

 


■ワークショップ  

  • W-01「ICTの活動と課題」
        座長:九州医療センター救急救命科医長 小林良三

 

  • W-02「国際医療協力の取り組み」
        
    座長:国立国際医療センター 木村昭夫

登録日: 2008年2月14日 / 更新日: 2008年2月22日

  • ページの先頭
  • 戻る
  • このページを印刷する - 第59回国立病院総合医学会(広島)