研究事業

  • このページを印刷する - 第60回国立病院総合医学会(京都)

第60回国立病院総合医学会(京都)

『自律と自立の3年目を迎えて~歩み続ける国立病院の医療~』

会  期:2006年9月22日(金)・23日(土)

会  場:国立京都国際会館

会  長:国立病院機構宇多野病院 齊田孝彦

副会長:国立病院機構京都医療センター 葛谷英嗣

プログラム(1日目)

第1日目 2006年9月22日(金)


■オープニング・リマーク
 

  • 「国立病院機構の現状と将来」
      独立行政法人国立病院機構理事長 矢崎義雄
     座長:全国国立病院院長協議会 宮崎久義 


■特別講演1
 

  • 「医療変革の時代を超えて」
     演者:前ハーバード大学医学部助教授・コラムニスト 李 啓充
     座長:京都医療センター 葛谷英嗣


■シンポジウム
 

  • 1-01「国立医療機関の臨床研究が目指すもの(1)」
       座長:本部医療部研究課 伊藤澄信
           /京都医療センター臨床研究センター島津 章
       〈特別発言〉
        「国立病院機構における臨床研究の役割」
        国立病院機構理事長 矢崎義雄

 

  • 1-02「魅力ある国立病院機構の学校作り」
        座長:金沢医療センター附属金沢看護学校 木田 寛
            /東京医療センター附属東が丘看護助産学校 池田みちよ

 

  • 1-03「院内感染対策~今医療施設に求められているもの~」
        座長:国立国際医療センター研究所感染制御研究部 切替照雄
             /本部九州ブロック事務所医療課 芳賀克夫

 

  • 1-04「がん医療におけるサイコオンコロジー的アプローチ:リハビリテーション関連職種の役割」
        座長:近畿中央胸部疾患センター附属リハビリテーション学院理学療法学科 中林健一
            /東京病院附属リハビリテーション学院理学療法学科 中村伴子

 

  • 1-05「薬剤業務の更なる展開~医療安全への貢献~」
        座長:大阪医療センター 惠谷秀紀
            /京都医療センター薬剤科 小原延章

 

  • 1-06「医療制度改革を踏まえた経営戦略
        ~医療ニーズの反映とDPC導入に何をすべきか?」

        座長:南和歌山医療センター事務部 村田庄司
            /奈良医療センター事務部 長井義美/大阪医療センター企画課 宮本博之

 

  • 1-07「看護職として働き続ける職文化の創造」
        座長:弘前病院附属看護学校 須藤光子
            /水戸医療センター看護部 太布和子

 

  • 1-08「国立医療機関の臨床研究が目指すもの(2)」
        座長:仙台医療センター臨床研究部 手塚文明
            /本部医療部臨床研究推進室 尾藤誠司

 

  • 1-09「神経難病医療の向上を目指して」
        座長:静岡てんかん神経医療センター統括診療部 溝口功一
             /長崎神経医療センター統括診療部 松尾秀徳

 

  • 1-10「小児救急をめぐる諸問題」
        座長:下志津病院 西牟田敏之
            /三重病院 井口光正

 

  • 1-11「病院運営におけるクライシスマネジメント」
        座長:神戸医療センター 由宇芳才
            大阪南医療センター事務部 小林久義

 

  • 1-12「NST活動が病院にもたらすもの」
        座長:大阪医療センター、がんセンター、外科 辻沖利政
             /国立循環器病センター栄養管理室 風間敬一

 


■パネルディスカッション
 

  • 1-01「嚥下障害のケアとリハビリテーション」
        座長:東名古屋病院第2神経内科 齋藤由扶子

 

  • 1-02「外来化学療法を考える」
        座長:国立がんセンター中央病院第一領域外来部通院治療センター藤原康弘

 


■ビデオセッション
 

  • 1-01「診断、ケア、教育・啓蒙活動」
        座長:(前半)新潟病院内科 小澤哲夫
             (後半)宇多野病院神経内科 須藤慎治

 

  • 1-02「手術・内視鏡」
        座長:(前半)国立国際医療センター消化器科 為我井芳郎
             (後半)沖縄病院外科 国吉真行

プログラム(2日目) 

第2日目 2006年9月23日(土)


■特別講演2
 

  • 「脳と時間」
     東京大学名誉教授・解剖学者 養老孟司
     座長:宇多野病院 齊田孝彦


■シンポジウム
 

  • 2-01「患者の目線に立った医療の実現をめざして」
        座長:東京医療センター 松本純夫
            /東名古屋病院看護部 二木外志江

 

  • 2-02「新しい医師後期臨床研修の充実に向けて」
        座長:本部医療部 牛尾光宏
            /札幌南病院 飛世克之

 

  • 2-03「わが国における生活習慣病対策~糖尿病の戦略的な予防研究から~」
        座長:富山大学(J-DOIT2 全体Leader)小林 正
            /京都医療センター代謝研究部 服部正和

 

  • 2-04「医療事故 患者を、病院を、当事者をいかに守るか」
        座長:南九州病院 福永 秀敏
            /本部医療部 サービス・安全課 小宅比佐子

 

  • 2-05「障害者自立支援法とこれからの医療」
        座長:福岡病院 西間三馨
            /刀根山病院 神野 進

 

  • 2-06「医師不足の解消に向けてなすべきこと」
        座長:水戸医療センター 園部 眞
            /兵庫中央病院 陣内研二

 

  • 2-07「自律と自立の病院運営には何が必要か~改革への提言~」
        座長:全国国立病院院長協議会 宮﨑久義
            /第60回国立病院総合医学会 会長 齊田孝彦

 

  • 2-08「専門職をめざす学生からのメッセージ~患者が求める医療者になるために~」
        座長:刀根山病院附属看護学校 政岡祐輝/刀根山病院附属看護学校 宮本栄美
            /刀根山病院附属看護学校 伊藤睦美

 

  • 2-09「日本をリードする国立医療の研究」
        座長:相模原病院臨床研究センター 秋山一男
            /宇多野病院関西脳神経筋センター臨床研究部 澤田秀幸

 

  • 2-10「高額医療機器の共同購入を検証する」
        座長:東京医療センター統括診療部医療技術部放射線科 大塚次男

 

  • 2-11「地域がん診療拠点病院の充実にむけて」
        座長:国立がんセンター運営局政策医療企画課 得津 馨
            /京都医療センター統括診療部 小泉欣也

 

  • 2-12「医療連携における臨床検査部門の役割と課題」
        座長:国立循環器病センター臨床研究部 佐藤 清
            /熊本医療センター臨床検査科 廣瀬英治 


■パネルディスカッション
 

  • 2-01「治験の推進をどう進めるか」
        座長:本部医療部研究課治験推進室 和泉啓司郎
            /近畿中央胸部疾患センター治験管理部研究室 井上由美

 

  • 2-02「在宅酸素療法と非侵襲的陽圧呼吸」
        座長:南京都病院呼吸器科 坪井知正

 

 ※ポスターセッション・・・1,414題(割愛)

登録日: 2008年2月13日 / 更新日: 2008年2月22日

  • ページの先頭
  • 戻る
  • このページを印刷する - 第60回国立病院総合医学会(京都)