■目的

  • 国立病院機構全体で、
    1)急性虚血性腸疾患(Acute Mesenteric Ischemia: AMI)の病型別の発生頻度や死亡率などの疫学を明らかにする
    2)手術や抗凝固療法などの治療の有効性を明らかにする
    3)短期予後(30日死亡率、90日死亡率)の予後因子を検討する

■対象

  • 画像診断(造影CTまたは血管造影検査)または開腹手術、剖検でAMIと診断された症例

■内容

  • 本研究は後ろ向きコホート研究であり、介入は行なわない。

    Primary endpoint: 受診後30日以内の死亡

    Secondary endpoint:

    ① 受診後30日以内に発症した続発症

    ② 受診後90日以内の死亡

■研究責任者

>>>詳細はこちら