情報公開

  • このページを印刷する - 採用昇任等基本方針に基づく任用の状況

採用昇任等基本方針に基づく任用の状況

[公表の趣旨]
 国家公務員法(昭和22年法律第120号)第54条第1項の規定に基づき、職員の採用、昇任、降任及び転任に関する制度の適切かつ効率的な運用を確保するための基本的な方針として、採用昇任等基本方針(以下「基本方針」という。)が平成21年3月3日に閣議決定されました。
 基本方針においては、能力・実績に基づく人事管理の徹底を図るため、職員の採用年次及び合格した採用試験の種類にとらわれた運用を行ってはならないこと等が定められているところであり、基本方針に基づく任用の状況については、新たな任用制度の政府全体としての適切な運用を確保するとともに、国民の信頼を確保する観点から、任命権者及び内閣総理大臣において公表することとしています。
 本公表は、基本方針に基づき、平成21年度の各府省等における任用の状況についてフォローアップを実施し、能力・実績に基づく人事管理の徹底を図ることを目的としています。

◎採用昇任等基本方針に基づく任用の状況

このコンテンツに関連するキーワード
医療関係者の方へ

登録日: 2010年12月10日 / 更新日: 2013年1月29日

  • ページの先頭
  • 戻る
  • このページを印刷する - 採用昇任等基本方針に基づく任用の状況