Image description

Neurosurgery

対象疾患

脳血管障害(脳梗塞、くも膜下出血等)、脳腫瘍、水頭症、頭痛や三叉神経痛等の痛み、顔面痙攣、脊椎・脊髄疾患(椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍等)


スタッフ紹介

The staff's introduction

役 職氏 名専門資格/所属学会
脳卒中センター部長鳴海 治日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本脳神経血管内治療学会 専門医
医 長織田 雅日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本神経内視鏡学会 神経内視鏡技術認定医
日本脊髄外科学会 認定医
医 師小柳 正臣日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本脳神経血管内治療学会 専門医
日本脳神経血管内治療学会 指導医
日本神経内視鏡学会 神経内視鏡技術認定医
医 師五百藏 義彦日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳神経血管内治療学会 専門医
医 師武部 軌良日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
専修医辻 博文

外来担当表及び休診日のご案内は、こちらをご覧ください。

※初診の方は、紹介状をお持ち下さい。


特色

Traits

 当院の脳神経外科専門医は、脳と脊髄・末梢神経の疾患の治療に充分経験を積んでいますので、安心して治療を受けて頂けると自負しております。また、当院では最新鋭のCTスキャン、フラットパネル型脳血管撮影装置、MRI等の診断機器を備え、あらゆる脳神経外科疾患に対応可能です。
 脳神経外科と言うと脳の病気だけを診る科と誤解されがちですが、正確には脳・神経外科と標記すべきで、脳及び脊髄・末梢神経全般の病気を治療します。即ち、手や足が痺れて動かなくなる脊椎の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、後縦靱帯骨化症、脊髄腫瘍等の脊髄・末梢神経の病気に対する治療も専門としています。

脳卒中センター

脳卒中センターには集中治療室を併設しています。

集中治療室には脳梗塞、くも膜下出血、脳出血などで、緊急検査や抗血栓剤のtPA治療、緊急手術などの脳卒中の患者様を中心に、外傷系の患者様を含め治療にあたっております。


脳血管障害の早期治療

 脳血管障害は以前は中風や脳溢血などと呼ばれ、常に死亡率の上位を占める恐ろしい病気です。これには脳血管がつまる虚血性のものと血管が破れる出血性のものがありますが、いずれも早期発見・早期治療を行えば後遺症無く治療可能です。

 当院では脳血管障害の疑いのある患者様にはまずCTスキャンやMRIを用いて検査を行い、必要であれば脳血管撮影等の精密検査を施行します。もし仮に病気がみとめられた時は、お薬や手術など適切な治療が必要になる場合があります。

 虚血性疾患で以前では手術が必要であった病気の場合でも、当院では狭窄部にカテーテルを誘導しバルーンやステントで膨らますことにより治療するいわゆる血管内手術も可能です。即ち、体を切ることなく治療できるわけです。特に、放置すると将来脳梗塞の原因となる頚動脈狭窄症には、頚動脈ステント留置術(CAS)が有効ですが、当院にはこの治療資格を持つ専門医が在籍しています。

 また脳動脈瘤等の出血性疾患の場合は、一旦血管が破れれば死亡あるいは重い後遺症を残す可能性が高く適切な治療が必要です。治療には、直接クリップで瘤をつぶすクリッピングと、血管の中から詰めるコイリングがあります。患者様の年齢や健康状態を充分考慮し様々な治療法の中から最善のものを選択させて頂きます。


脳腫瘍の集学的治療

 脳腫瘍の手術は脳神経外科の中でも最も熟練を要する分野でありますが、我々はこの分野にも多くの経験を持っております。患者さんのQOL(quality of life)を考慮し、可能な限り神経機能を温存した低侵襲手術を心がけております。また、例え悪性腫瘍でも手術、放射線治療、化学療法を組み合わせた集学的治療により、すぐれた治療成績を得ることができます。
 特に最近では、ガンマナイフと呼ばれる特殊な放射線治療法が脳腫瘍の治療に極めて有効であることがわかり、我々も積極的に同法を治療にとりいれております(ガンマナイフ専門病院とのタイアップにより本院に入院のまま、送迎にてガンマナイフ治療が可能です)。


神経内視鏡による治療

 内視鏡は、主に胃腸の病気の検査・治療に利用されておりますが、一部の脳疾患にもこの方法が利用できるようになりました。例えば水頭症(脳に水の貯まる病気)に対しては、脳から腹に "シャント"と呼ばれる細いチューブを通す方法が一般的ですが、内視鏡により脳の一部に孔を開けることにより治療できます。また比較的小さい脳腫瘍や脳出血も内視鏡により摘出できることがあります。


三叉神経痛や顔面痙攣等の外科的治療

 顔に電気のように走る激痛や眼の周囲のピクツキは、特に症状が顔にあるため、他人にはわからない苦痛を伴います。また、薬や神経ブロック等の治療が効かない場合も多く、医者が匙を投げてしまう場合もあります。我々はこれらの疾患に対し、脳外科手術(微小血管減圧術)で好成績を上げております。


脊椎・脊髄疾患に対する脳神経外科的治療

 これには脊椎の椎間板ヘルニア、靱帯骨化症等、脊髄腫瘍等が含まれますが、脳神経外科では特にこれらの手術に顕微鏡や内視鏡を用い、神経への損傷を最低限に抑えた治療が可能です。


姫路医療センターでの手術症例数

Number of operations in Himeji Medical Center

Image description


★通院中の患者さまへ

Image description


new

脳卒中専門医募集

この度脳卒中センターを開設しましたので、脳卒中に携わる脳外神経内科医(もしくは内科医)の募集を致します。

臨床経験5年以上で、脳卒中に興味のある先生(2〜3名程度)の応募をお待ちしております。
詳細につきましては、下記まで御連絡ください。

◆お問合わせ先◆
  • 独立行政法人国立病院機構 姫路医療センター
  • 脳卒中センター部長 鳴海 治
  • E-mail:413jy01@hosp.go.jp

top